溶断ガス

様々な製造現場で
必要とされている溶断ガス
その用途に応じた
ガスの供給に努めています

私たちは様々な金属加工に欠かせない溶断ガスの国内トップのサプライヤーとして、ものづくりの現場へ安定供給を続けています。

様々な製造現場で必要とされている溶断ガスその用途に応じたガスの供給に努めています

アセチレン

鋼板などの切断加工や、ロウ付け、鉄筋のガス圧接など様々な金属加工に使用されるアセチレンガス。私たちは国内トップのサプライヤーとして、幅広い分野のものづくりを支え続けています。

アセチレン

ページトップへ

ハイドロカット®

水素ガスをベースにした混合ガス「ハイドロカット®」は、二酸化炭素の排出量をアセチレンから70%、天然ガスから50%削減可能です。さらに輻射熱が小さいため快適に作業できる、逆火が起こりにくいため安全性が高いなど、「現場」を熟知した当社だからこそ開発できた商品です。技術サポートを通じて多様なメリットをご提供しており、造船、建設、自動車部品など、数多くの分野でご採用いただいています。

ハイドロカット®

ページトップへ

ハイドロカットは、クリーンエネルギーである水素とエチレンを混合したガスです。 各種鋼材切断およびロウ付け、曲げ、歪み矯正、ハツリ、ガウジング作業と鉄筋のガス圧接、ガス式溶射ににおいても、 従来のアセチレンと同様に使用することが可能です。

■ 安全性

  • 逆火が起こりにくい(亜鉛メッキ鋼板、錆びている鋼板など)
  • 空気よりも軽く、滞留しにくい

■ 環境性

  • 輻射熱が小さいので、長時間作業における作業者の体温上昇を低減
  • CO2排出量がアセチレンに比べ70%削減可能

■ 作業性

  • ススが出にくいので、火口が詰まりにくく、ワークも作業場も汚れない
  • 外気温に関係なく、ガス取り出しが可能
  • 切断面の品質も良好、高張力鋼のような鋼材もアセチレンと同等で切断可能
    (ノロ・歪がすくない、切断上部がただれない)
  • 加熱作業では、アセチレンと同等の性能を持ち、切断作業では、火炎の集中により歪焼けが少なくなる
  • アセチレンでは不可能だった中型集結容器(カードル)での供給が可能

■ 環境対応型 水素ベース混合ガス 「ハイドロカット」 基本情報

供給方法 シリンダー、カードル、トレーラーにて大量供給も可能
型番・ブランド名 水素ベース混合ガス ハイドロカット
用途/実績例合併・新設立 ハツリ、流し、ガウジング、曲げ・歪み取り、ロウ付け、亜鉛メッキ鋼板の切断、 鉄筋のガス圧接、ガス溶射など

■ 動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

※上の動画が見られない方は、下からご覧ください。